2014年度に参加頂きました見守り事例

  • <CASE1>[福祉介護医療]×[高齢者と短時間だが接触する機会が多い方]●株式会社ミック
  • <CASE2>[企業]×[高齢者の自宅に伺う機会がある方]●静岡ガス(エネリア)
  • <CASE3>[市民活動団体・サークル]×[高齢者とゆっくり話す機会が多い方]●特定非営利活動法人 清水ネット
  • <CASE4>[市民活動団体・サークル]×[身内に高齢者をもつ方]●みまもりキャラバン隊
  • <CASE5>[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]●NPO法人たすけあい遠州
  • <CASE6>[福祉介護医療]×[高齢者の自宅に伺う機会がある方]●株式会社アイケア
  • <CASE7>[小売店]×[高齢者と短時間だが接触する機会が多い方]●人形のみやひで
  • <CASE8>[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]●静岡県消費者団体連盟
  • <CASE9>[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]●NACS(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会中部支部静岡分科会)

<CASE1>[福祉介護医療]×[高齢者と短時間だが接触する機会が多い方]団体名:株式会社ミック(保険調剤薬局を運営)

株式会社ミック

生活面での薬以外のお役に立ちたいと思い、
幅広い世代の方々に「ピン!トBOOK」を配布致しました。

イメージ写真

株式会社ミックが運営する静岡県内27店舗の調剤薬局で、ご来店いただいたお客様に「ピン!トBOOK」を配布し、また、店頭へポスターを掲出し、悪質商法への注意喚起に努めました。
薬局をご利用いただくお客様はやはり高齢の方が多いですが、それ以外の年代のお客様にも配布し、「こうした悪質商法がはやっているので、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんにも教えてあげてくださいね」と紹介することで、広い世代に注意喚起をすることができたと考えております。
また、弊社は地域に密着した薬局として、お薬のことだけでなく、食生活や病気に関するアドバイスをはじめ、薬以外の生活面でもお客様のお役に立ち、安心していただけるよう努めております。その一環として今回の「ピン!トBOOK」を活用し、お客様とのコミュニケーションを深めることもできました。

<CASE2>[企業]×[高齢者の自宅に伺う機会がある方]団体名:静岡ガス(エネリア)

静岡ガス エネリア

「ふれあい巡回」活動の中でお客様の安心を守るため、
啓発チラシを配布致しました。

   イメージ写真

静岡ガスエネリアでは「ふれあい巡回」を実施中です。
日常のお客様とのコミュニケーションを大切にしながら、くらしの中でのお困りごとにもお役に立てる体制を整え、安全・安心、豊かなくらしをサポートするために、都市ガスをご利用のお宅へ訪問しています。
その活動の中で、高齢者悪質商法被害防止のためのみまもり活動として、訪問時に啓発チラシの配布を行いました。悪質商法によるだまされやすさのチェックシートや、相談先の消費者ホットラインの電話番号を掲載したチラシを配布し、お客様の安心を守る活動をいたしました。
お客様との会話のきっかけにもなり、困ったら相談してくださいね、という声かけをすることで大切なお客様を悪質業者から守ることに加え、お客様とのコミュニケーションも深まり信頼関係強化にもつながりました。

<CASE3>[市民活動団体・サークル]×[高齢者とゆっくり話す機会が多い方]団体名:特定非営利活動法人 清水ネット

仲間と一緒に「ピン!トBOOK」を読んでいただくことで
悪質商法の被害にあう可能性があることを身近に感じて頂くことが出来ました。

イメージ写真

清水ネットには福祉・環境・子ども・国際交流・農業・趣味の会など、女性も男性も共にかかわる様々な団体が40ほど登録しており、清水ネットオープンスペースでは様々な活動が行われます。
そこで行われる交流事業「ゆうぐれカフェ」や「写経教室」「読書会」「けん玉交流」などの参加者やオープンスペースの利用者に「ピン!トBOOK」を配布し読んでもらいました。
来館者に配布すると、「裁判にかける」と脅してくる健康食品の押し売りや沖縄にいる息子を名のるオレオレ詐欺等、様々な体験談で盛り上がっていました。高齢者個人に対しての注意喚起はもちろんですが、仲間と一緒に冊子を読むことで、みんながいろいろな悪質商法の手口を体験していることを知りました。身近に狙われていることが実感としてわかり、悪質商法にひっかからないよう心掛けるようになりました。

<CASE4>[市民活動団体・サークル]×[身内に高齢者をもつ方]団体名:ママ9名で「みまもりキャラバン隊」

親子が集う場所で直接啓発することで
子育てママ世代に共感の輪を広げることができました。

イメージ写真

子どもの存在は、三世代の絆を強くします。
子育てママを中心とした「みまもりキャラバン隊」では、各隊員が子育て支援センターや育児サークル、幼稚園など、親子が集う場所で「ピン!トBOOK」を配り、悪質商法の手口や高齢者の被害が多い理由などを紹介しました。
その目的は、子育てママたちに、日頃からお世話になっているおじいちゃんおばあちゃんたちを悪質商法の被害から守るための方法や、いざという時の相談窓口の存在を知ってもらうこと。
相談窓口の電話番号(消費者ホットライン)などを記載した「ピン!トBOOK」を配布すると「親戚や他の人にも渡したい」と複数冊持ち帰ってくださるママもたくさんいました。
子育てママを中心とした活動は県内各地で共感の輪を広げていきました。

<CASE5>[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]団体名:NPO法人たすけあい遠州

「ピン!トBOOK」の配布をきっかけに、
高齢者の方々に自ら気づいていただくことができました。

イメージ写真

 「居場所」とは、地域の住民が主体となって運営し、高齢者、障がいのある人、子どもの垣根なく、誰もが気軽にふれあえる地域交流の場のことで、法令や制度に基づかない草の根の活動です。
いま、静岡県内各所に「居場所」が広がっています。「街の居場所 もうひとつの家」は、県内の「居場所」の先駆者です。JR袋井駅前のビル1階にあり、「いつ来ても、いつ帰ってもいい」がコンセプト。高齢者や親子連れのみならず、駅前のバス停を利用する会社員や学生も気軽に立ち寄ります。
一番の常連さんは地域の高齢者の皆さん。毎日、おしゃべりしたりトランプをしたり、美味しいランチを食べて過ごします。ここで「ピン!トBOOK」を配布した時には、口々に「うちにも変な電話がかかってきたよぉ」「知り合いが騙されそうになったって」など、冊子を手に話が盛り上がりました。
日常の会話の中での情報交換にこの冊子が役立ちました。

<CASE6>[福祉介護医療]×[高齢者の自宅に伺う機会がある方]団体名:株式会社アイケア

株式会社アイケア

自ら情報や知識を付けることで
高齢者の見守り活動に役立てております。

イメージ写真

静岡県内で訪問介護、小規模多機能型居宅介護施設、デイサービス、グループホーム、訪問看護などを事業展開する株式会社アイケアでは、日ごろ接している高齢者やそのご家族の方を悪質商法や事故から守るため、金融機関や警察の関係者を招いた勉強会などを行ってきました。こうした取組の一環として、今回は各施設の職員に「ピン!トBOOK」を配布しました。社内だけでなく、地域の関係機関や、会社に出入りするお取引先の事業者さんとの間でも、近年増加している悪質商法について話題とするきっかけとなり、改めて意識を高めることができました。
介護・福祉に携わる事業者にとって、悪質商法の手口や事例を学んでおくことは、水際での被害防止のために重要であると考えました。直接、高齢者と接する現場の介護スタッフはもちろんですが、高齢者の家族や関係機関との橋渡し役・相談役であるケアマネージャーがこうした知識を持っておくことで、被害防止にさらに貢献できるのではないでしょうか。
高齢者の家族、行政、地域社会、介護・福祉事業者が一体となって高齢者を見守っていくため何ができるのかを、これからも考えていきたいです。

<CASE7>[小売店]×[高齢者と短時間だが接触する機会が多い方]団体名:人形のみやひで

ご家族を見守るきっかけになると思い
お客様へ「ピン!トBOOK」を配布致しました。 

イメージ写真

雛人形のシーズンである12月~2月には、高齢者の方を含む、三世代での来店が多くあります。現代では核家族化が進み、おじいちゃんおばあちゃんと同居していないご家庭も増えていますが、こどもの健康を祈り、皆が集まってお祝いするのが「節句」。
そんな家族が集まる何気ない会話の中での見守りが、おじいちゃん、おばあちゃんを悪質商法の被害から救うのではと考え、参加しました。
店頭では「ピン!トBOOK」を配布。来店するお客様に対して、「お父さん・お母さんたちを見守ってあげてください」と配りました。

[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]団体名:静岡県消費者団体連盟

高齢者サロンで、寸劇や替え歌を利用して、
悪質商法の手口について、皆で楽しく学びました。 

イメージ写真

<写真は、「藤枝市五十海ふれあいサロン」での出前講座>

静岡県消費者団体連盟では、高齢者サロンや自治会の集まりなどに出かけて行って、寸劇や替え歌を使って楽しく、悪質商法の手口を紹介しています。
例えば、「かたつむり」「ゴンベさんの赤ちゃん」などの替え歌や寸劇では、参加者も一緒に口や体、手足を動かし、会場がどっと笑ったりして、雰囲気もとても盛り上がりました。
「寸劇では健康食品の送りつけやオレオレ詐欺など多くの事例を聞くことができ、今後の日常生活の参考になった」等の感想もいただきました。替え歌は子供からお年寄りまで誰もが知っているメロディーに乗せて歌えますので、御家族で、小さな集まりで、歌ってみてはいかがでしょうか?
私たちが作成した替え歌の歌詞や寸劇シナリオを皆さんに御提供することも可能です。
御連絡はこちらまで~静岡県消費者団体連盟 054-251-3586

[市民活動団体・サークル]×[高齢者を含むネットワークに携わっている方]団体名:NACS(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会中部支部静岡分科会)

講座や戸別訪問を実施した本会会員も、
消費者被害防止啓発の必要性を強く感じました。 

イメージ写真

<写真は、「浜松市北区細江町 上町サロン」での出前講座>

県内の様々な地域で出前講座や戸別訪問などにより、悪質商法被害防止のためのお話をしたり、寸劇を行いました。
講座参加者や戸別訪問先の方からは、「相談窓口がはっきりした」「悪質商法の手口がよくわかった」「よくニュースでは聞くが、身近に起こるとは思っていなかった」などの声をいただきました。
また、出前講座や戸別訪問を実施した会員からは、「その人自身に経験がなくても、知人・友人の被害の話が多く出た」「短い時間でも、継続的に話をする必要があると感じた」「参加者の話が尽きず、高齢者の実情を教えてもらう機会にもなった」など、消費者被害防止啓発の必要性や、その場の盛り上がりの様子が報告されました。